毒親に育てられました【394】

毒親に育てられました【393】

前回の話↑

毒親に育てられました①

第1話から↑

第394話

 

 

 

 

あとがき

Cちゃんのお母さんが「家電を買ってあげる」と言ってきてくれたのです。

えっ!?家電!?!?!?なんで???!?!?

予想もしていなかった提案に頭が真っ白になりました。

 

Cちゃんのお母さんは、学部内である意味有名な方でした。

学生のみんなのためにしょっちゅう差し入れを持って来てくれたり、労いの言葉をかけてくれたりと、私も含めみんながお世話になっている人物でした。

今思うと、本当にすごい人だな…と思います。

 

でも、なんでそんなすごい人が私のために家電を買ってあげようなんて思ったのか?

そこが気になって仕方ありませんでした。

次回→第395話

書籍発売中

KADOKAWA様よりエッセイ漫画「毒親に育てられました」が書籍となって全国の書店にて発売中(電子書籍も発売中)

全編加筆修正・書き下ろし収録・教育評論家コラムなどが収録されています。

よかったら読んでいただけると幸いです。

↓↓「毒親に育てられました〜母から逃げて自分を取り戻すまで〜」↓↓

↓↓「毒親に育てられました2 〜多感な思春期に毒母と暮らして自己肯定感ゼロの少女になりました〜」↓↓

 

+183



アプリなら通知ですぐ読める!

NAPBIZブログ

NAPBIZブログ




同じカテゴリの記事