毒親に育てられました【395】

毒親に育てられました【394】

前回の話↑

毒親に育てられました①

第1話から↑

第395話

 

 

 

 

あとがき

私がCちゃんに母のことをたまに話していたのですが、その話をCちゃんは自分のお母さんにも話していたそうです。

「同じ母子家庭だからつつみちゃんのお母さんの大変さもよくわかるけど、でも、だからこそ、自分の子どもだけは絶対に辛い思いをさせたくないって思うはずなのに…どうしてそうなっちゃうんだろうね。つつみちゃんが一番辛いよね」

とCちゃんママは常々言ってくれていたそうです。

 

そして今回、私がCちゃんに一人暮らし用の資金が無いことを相談して、その話を聞いたCちゃんママが「つつみちゃんに家電を買ってあげよう」と言ったそうです。

 

Cちゃんママも子どもが2人いる状態で離婚し、当時は生きていくのも大変だったそうです。

でも、周りの人たちに助けられてなんとかここまで生きていくことができました。

しかし、恩返しをしたくても亡くなった人がいたり、お礼の言葉や物では本当の意味での“恩返し”をした気になれなかったそうです。

次回→第396話

書籍発売中

KADOKAWA様よりエッセイ漫画「毒親に育てられました」が書籍となって全国の書店にて発売中(電子書籍も発売中)

全編加筆修正・書き下ろし収録・教育評論家コラムなどが収録されています。

よかったら読んでいただけると幸いです。

↓↓「毒親に育てられました〜母から逃げて自分を取り戻すまで〜」↓↓

↓↓「毒親に育てられました2 〜多感な思春期に毒母と暮らして自己肯定感ゼロの少女になりました〜」↓↓

+180



アプリなら通知ですぐ読める!

NAPBIZブログ

NAPBIZブログ




同じカテゴリの記事