毒親に育てられました【398】

毒親に育てられました【397】

前回の話↑

毒親に育てられました①

第1話から↑

第398話

 

 

 

 

あとがき

「あなたのことが好きだから」

その言葉に、胸の奥でじわーっと温かいものが広がって、「私はこの人たちに大切に思われているんだ」と実感することができました。

人に頼る勇気を持つことを学んだことが、現在の生活にもとても役立っています。

例えば、育児で行き詰まったときや不安に思ったとき、気軽に保健師さんにすぐに電話して相談するなど、人に頼ることが身についたおかげだと思います。

もしかしたら、このとき人に頼ることの重要性を知らずに生きてきていたら、もっともっと過酷で大変な人生を歩んでいたかもしれません。

なので、CちゃんとCちゃんママには本当に感謝しかないです。

人に頼って、頼られて、人を助けて、助けられて生きている。

みんなそうやって生きているんだと知ると、不思議と頼る勇気が湧いてきました。

 

そして、Cちゃんママにはどうにかしてお礼の言葉を言いたいと思っていました。

もちろんお金は無いから物は送れませんし、それならせめて直接感謝の言葉を伝えようと、Cちゃんママが次に短大に用事があって来る日を教えてもらい、その当日にその場に向かいました。

Cちゃんママって実は短大の関係者だったのかな?と今になって思います。

短大に用事があって来る保護者の方は他にはいらっしゃらなかったので…。

次回→第399話

書籍発売中

KADOKAWA様よりエッセイ漫画「毒親に育てられました」が書籍となって全国の書店にて発売中(電子書籍も発売中)

全編加筆修正・書き下ろし収録・教育評論家コラムなどが収録されています。

よかったら読んでいただけると幸いです。

↓↓「毒親に育てられました〜母から逃げて自分を取り戻すまで〜」↓↓

↓↓「毒親に育てられました2 〜多感な思春期に毒母と暮らして自己肯定感ゼロの少女になりました〜」↓↓

 

+229



アプリなら通知ですぐ読める!

NAPBIZブログ

NAPBIZブログ




同じカテゴリの記事