毒親に育てられました【306】

毒親に育てられました【305】

前回の話↑

 

毒親に育てられました①

第1話から↑

 

第306話

 

 

 

 

 

 

あとがき

話を聞いてもらえただけで助かっていたんだと本当のことを伝えても、話を聞く「だけ」が辛いとBくんは言いました。その瞬間に、私もBくんのことを理解していなかったんだと気付きました。

私が人の心情を理解できないのと同じように、私が母から逃げることを極端に恐れている心情を理解してもらえないことがあるのは当たり前のことなのだと。

どちらも違う考え方・環境・立場であればあるほど、互いに理解し難いことがあるのは当然のこと。

じゃあ、理解してもらうためにはどうすればいいのかと考えた時に、まずは相手の意見を一旦受け止めることにしました。

受け止めた上で、自分でもわかっていなかった本当の気持ちを改めて考えてみました。

次回→第307話

本になりました!

書籍『毒親に育てられました』が全国の書店にて発売中!

(一部取り扱いのない店舗があります)

電子書籍も発売中!

138+