毒親に育てられました【304】

毒親に育てられました【303】

前回の話↑

 

毒親に育てられました①

第1話から↑

 

第304話

 

 

 

 

 

 

あとがき

児相や警察が来てもそれに母が外面良く対応して私に対して「ねっ?そうだよね?」なんて言われたら逆らえずに「そうです。うちは何も問題ありません」なんて母の話に合わせてしまうかもしれない。自分で電話をしたのにも関わらず…。

そんなことをしてしまいそうな自分が想像できました。

しかし、私の想像にBくんは「わからない」と答えました。

きっとBくんの言葉に悪気はなく、純粋に私の気持ちがわからなかったのだと思います。

これが育ってきた環境の差なんだ…と当時の私は軽い衝撃を受けました。

次回→第305話

本になりました!

書籍『毒親に育てられました』が全国の書店にて発売中!

(一部取り扱いのない店舗があります)

電子書籍も発売中!

125+