毒親に育てられました【148】

毒親に育てられました【147】

↑前回の話

 

第148話

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとがき

 

私は祖母の作る料理が大好きだったので、おかずを持って帰ってくるたびに母が「美味しくなさそう〜〜」とか「おえっ、まっず!」と言うたびに母に向かって心の中で「お前なんかウンコでも食っとけ」と罵倒していました。

確かに見た目はあんまり良くなかったかもしれないけど、普通に美味しかったしお店では食べられない手作りの味だし、そもそも貰っている立場なのにその言い草って…と今思い出してもムカつきます。

 

でも昔祖母に「ハンバーグ作って」ってリクエストした時に「そぼろ」が出てきた時は動揺しました。ハンバーグの作り方を知らなかったみたいなんです。

その時は「こんなのハンバーグじゃないよー!」って笑っちゃったけど、今なら喜んで食べるのになぁ…。

 

次回→第149話