毒親に育てられました【143】

毒親に育てられました【142】

↑前回の話

 

第143話

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとがき

 

大切な絵を破られるほどの、私が納得できるようなちゃんとした理由が欲しくても、理由なんか全然無くて。

ただ「母がそういう人だから」

それしか理由がないのが苦しくて苦しくて、ずっと一人で抱え込んでいました。

 

次回→第144話